choco 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS この感じ!

<<   作成日時 : 2008/04/23 13:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ブライスに着れる服は、momokoにも着れます!
この感じ!私がアオザイに抱いているのはこんなイメージです。
画像

パンツは短いけどね。
アジア系の衣装って、momokoに似合うなぁ。
「だってmomokoはアジア人だもん♪」って何処からか声が聞こえたような・・・
聞こえないような。
画像

こんな、ベトナムの女学生さん、本当に居そうじゃない?

水牛がゆっくりと進む田園、
向学心に燃えた若い乙女。
麦わら帽子じゃなくて、ベトナムのお土産とかでよくある帽子って
観た事有りませんか?
なんか童話「かさ地蔵」でおじいさんがお地蔵さまに被せていたような笠のような形の帽子・・・
ああいう帽子がお似合いな少女・・・momokoです。

家ではあんまりお洒落させてもらえないmomoko達です。


最近、お花が被害にあっているニュースがよくありますね。
チューリップがメチャクチャにされたり
パンジーが抜かれたり・・・
一体、何にが目的なんだろう???
花が嫌いって理由じゃないでしょうね。
残酷な事をしたいとか、人が嫌がるのが楽しいとかなんだろうな。

単に花がダメになったって話で終わらないかもしれない所が怖いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ〜momoko可愛い!
ほんと、こんな服が似合うね♪
momokoとブライスって、共有できるお洋服が多いよね。
momokoに着せるのと、ブライスに着せるのとでは、雰囲気が全然違ってくるところが、面白いよね。
質問:ベチは、どの子の服が着れるの???靴は???

ほんと、チューリップの事件は、悲しいわ。
そんなことして、面白いのかな?
チューリップって、好きだわ。
富山県がチューリップの産地で有名で、一度この季節に行ってみたいけど、まだ果たせていません。日本海側って、ここから遠いのです。

らも
2008/04/23 14:38
momokoさんうれしそうに着ててこちらも
見ていてふふふふってなりますw
アオザイ前のも凄く可愛いと思いますよん。
どんどん新チャレンジをしているつみれちゃん
さすがですよね!私も何か挑戦したいわ!
毎度の口癖?W

お花の事件本当に何をしたいのかな?
と思ってしまう事件ですよね。
私もボランティアなのでお花を植えたりしているのですが
平気でごみをお花の上に捨てたり
たばこを捨てたりしてあるのを見ると
凄くさみしい気持ちになりますが・・
この事件も植えている人の気持ちを考えると
さびしくてなりませんよね・・
かこ
2008/04/24 00:01
らもちゃん、おはよ〜
ブライスに着せるとファンキーって言うか、可愛い服も
momokoが着たりするとリアルでモードな感じになったりする事もあるね♪
お人形って面白い!
出来るなら全部共用できれば良いのにね〜
あっ、でも、momokoとベッツィーが同じプロポーションでは・・・
いけませんねぇ(汗)
べチはね、すごく細いのよね。
リカブライスの服も多少ブカブカしちゃうものね。
半そでとかノースリーブのミニスカートならちょっと大きめでも可愛いけどね。
靴がまたないのよね。
ネットショップのBICさんとかで
べチに履ける靴とか売ってたけれど数は少なかったなぁ。
長く履かせなければ(足が溶ける事があるので)リカジェニの靴も履けない事はないのよね。
靴下を履けば大丈夫かな?

チューリップが咲いてるのを見ると、「咲いた咲いたチューリップの花が・・・」ってつい口ずさんでしまうくらい可愛い花だよね。
誰でも大好きな花だと思うんだけどな。
花を見ると心が明るくなるのにね・・・残念な世の中だわ。
つみれ
2008/04/24 09:24
かこちゃん、おはよ〜
momokoってポーズも付けやすいから写真撮る時にすごく楽しいんだよね♪
本当はこのアオザイ服だったら、青々とした田んぼで読書でもさせている
momokoが撮りたい所なんだけどなぁ〜

お花のボランティアって良いね。
かこちゃんステキな事をしてるんだね。
この頃、私も何か出来ないかなって思う事があるのよ。
うんうん、お花のボランティアってすごく良いわ。
お花を育てている人は、お花が好きで育てているんだろうけれど
それによって季節を感じたり、楽しい気持ちや心が和んだり
励まされたりする人が居るんだよね。
花がたくさん咲いている美しい町では犯罪も少ないかもしれないよね。

花をもぎ取った犯人への罰は、1粒の種から花が咲くまで育てる・・・って言うのはどうかな?
毎日、毎日観察させて成長を見守らせる。
蕾をつけて、咲いた時の喜びや手間を知ればもう2度とそんな事はしないのではないかしら???
つみれ
2008/04/24 09:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
この感じ! choco 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる