choco 日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 手術する事になりました

<<   作成日時 : 2008/06/27 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

とうとう猫が手術をする事になってしまいました。

昨日、尿道に入れたカテーテルを外して膀胱の洗浄、おしっこを搾り出したりとかの治療をして
経過を見ていたのですが、やっぱり詰まってしまうらしいです・・・
カテーテルは何回も入れたりすると尿道がボロボロになってしまうらしくて
ボロボロになってしまうと今度は手術する時にも困難になってしまうらしく
もう限界らしいです。
手術は、いつも頭の中にありましたが
本当にそれをしなければいけないとなると身体が震えてしまいました。
どれほど危険が伴うかどうかはよく解りませんが、
あんな小さな身体に傷をつけなければいけなくなった事はとても可哀想で辛いことです。
土日は手術が出来ないので、来週の月曜か火曜になりそうです。

家の子と同じ日に乳がんの手術で入院していた19歳の猫ちゃんが今日退院されていきました。
病院だとご飯を食べないのでお家に帰すらしいです。
そして、7歳の男の子の猫ちゃんも退院しました。
その子は、家の子と同じ手術だったらしいです。
先生に「まだ若いから大丈夫ですよ」って言われたと言う事を聞いて
家の子は6歳だから大丈夫よねって思ったりしました。

普段、リアルに猫ちゃんの飼い主さんとお話をしたりする事がなかったので
毎日、顔をあわせ猫の事をお話できた事が新鮮と言うか、心強かったです。
猫ちゃんは家の中で飼っている人が多そうなので、近所で誰が飼っているとかわからないからなぁ。


面会中に私が苦手な先生が猫ちゃんの治療に来てましたが、
なんだか・・・猫ちゃんの事、呼び捨てにしてました。
これって普通かな?
私は自分の家の子もちゃんづけで呼ぶので違和感があったのかな?
そして、その子はソフト(バッグみたいなの)なキャリーケースに入っていたのですが
治療の台から一度落ちそう(いや落ちたような気がします・・・)になりました。
う〜ん、悪気はないと思うのです・・・きっと。
でも、猫ちゃんは臆病でストレスを溜めやすい動物だからそっと優しく扱って欲しいわ。

私がその先生に対して不信感を持っているから、
そう見えただけかもしれませんがやっぱり苦手だわ。
心配・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。つみれさん。
猫ちゃん、可愛そうですが手術で
良くなると信じましょう。
手術しなければもっと心配だし、未だ若いからきっと大丈夫だよ。

ところで、苦手な先生ですがそれは直感という感じで
つみれさんがいやだと思うのなら
本当に嫌なのです。
こっちが勘違いしているのよね、と思っていると
もっとひどい事になります。
その先生には当たらないと良いですね。
リデル
2008/06/28 01:07
リデルさん、ありがとう〜
そうだよね、あのこは若いし元気に動きまわっていたからきっと
体力もあると思うから・・・大丈夫だよね。
今日もカテーテルを入れられたらしくて、
本人も痛くてイライラしていたと担当の先生が言っていたので
やっぱり手術はしなければ却って可哀想なんだよね。

あっ、やっぱりそうだよね。
今までの経験でも嫌だな〜って思った人にはろくな目に合わされてないわ。
あそこのお医者さんは自分で指名できないから
当たらないように祈るのみだわ。
担当のお医者さんは、落ち着いた感じの良い先生でまぁ良かったかな。
つみれ
2008/06/28 18:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
手術する事になりました choco 日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる